言霊の幸わう国

4月の巻

16 宮本輝    朝の歓び・講談社文庫(下) ※

17 宮本輝    朝の歓び・講談社文庫(上) ※

18 宮本輝    焚火の終わり(上)・文春文庫
19 宮本輝    焚火の終わり(下)・文春文庫

20 吉田篤弘   針が飛ぶ・新潮社 ※
21 三浦しをん  君はポラリス・新潮文庫 ※

※印は、読み返した本です。

相変わらず、宮本輝を貪るように読んでいます。
一昨日は友人と飲んだあと、そういえば宮本輝作品を読み終ってたなと次の宮本輝作品を探しに行きましたが、大きな書店にも関わらず品揃えが少なく、心の中で小さく舌打ち。
映像化されてる本ばっかり売ってんじゃねーよ、がんばれよ本屋! と毒づきながらも、渋谷のブックファーストが閉店してしまう時代です。22時まで開いているだけでもありがたいねえと、1時間ほど書店をうろうろしてなんとか1冊文庫本を手にして帰りました。

閑話休題。

その宮本輝熱をクールダウンすべく、吉田篤弘の『針がとぶ』を読みました。
この作品は連作短編ですが、定期的に読み返しているにも関わらずそのことを忘れて、いつもトップバッターのタイトル作品を楽しみに表紙を開きます。

この作品は、なぜか波長が合うと感じていた叔母を亡くした若き女性が主人公です。
わたしはこれを読み返す度に、伯母になりたかったなあと思います。
小説の世界では、両親という直系家族よりも曽祖父や叔父や叔父や叔母が、そのほどよい距離感のほうが表現しやすいのか、よく登場します。
この作品に登場する伯母は、生きている時間の中に独自のこだわりを散らばらせ生涯を終えるのですが、なぜでしょう小説に登場する伯母という人はたいてい独り者なのです。
そんな伯母像についつい自分を重ね合わせてしまうのか、あぁわたしも伯母になりたかったと思うのです(私の場合は、なりえても叔母ですが)。

子育てというものを知らぬわたしは、世界のいろんなものを吸収するこどもを、時に驚異に感じます。
自分はたいした人間でもないのに、その子になにかしらの影響を及ぼしてしまうことを(正確には、及ぼしてしまうこと、かもしれません)、驚異に感じるのです。
子を育てる覚悟などありません。でも、その子が自分の動きや言葉を真似したり、会話が成立することが、わたしのなにかが届いているのだと思うと小さな感動が胸に生まれます。
ましてや、親でもないのに友人の子が、自分が誕生日にあげた本を楽しそうに読んでくれることや、わたしのために誕生日プレゼントを選んでくれるなんてことがあれば、それはもう大げさですが己の存在価値を見出すこともできます。
わたしにとって、伯母という存在はそれに近いのかもしれません。

そして、『針が飛ぶ』は、そんなわたしの伯母像への憧れを満たしてくれる一方で、どこか自分をもてあました主人公にも自分を投影しているような気がします。
おそらく、この作品はこの先も、ところどころを忘れながら何度も読み返してゆくのでしょう。
あの作品の世界は、いつでもわたしに安息の場所を提供してくれます。


[PR]
# by fastfoward.koga | 2017-05-05 22:32 | 本の虫 | Comments(0)

1月~3月の巻

1 野宮真貴   赤い口紅があればいい・幻冬舎

2 酒井順子   女子と鉄道・光文社 ※

3 白石昌則   生協の白石さん・講談社 ※

4 宮本輝    三十光年の星たち(上)・新潮文庫

5 宮本輝    三十光年の星たち(下)・新潮文庫

6 宮本輝    水のかたち(上)・集英社文庫

7 宮部みゆき  楽園(上)・文春文庫 ※

8 宮部みゆき  楽園(下)・文春文庫 ※

9 宮本輝    水のかたち(下)・集英社文庫

10 梨木香歩   からくりからくさ・新潮文庫 ※

11 村上春樹   騎士団長殺し(上)・新潮社

12 梨木香歩   沼地のある森を抜けて・新潮文庫 ※

13 村上春樹   騎士団長殺し(下)・新潮社

14 宮本輝    花の降る午後・講談社文庫 ※

15 北杜夫    ぼくのおじさん・新潮文庫

※印は読み返した本です。


 この3ヶ月は、本を読みたくて読みたくて仕方ないのに頭と身体がついていかない、そんなもどかしい時期でした。
 村上春樹の新刊は発売日翌日に購入していましたが、心も身体も疲労がピークで読み進められず。
 仕事のストレスでなにもかもが嫌になり、3月頭にただ本を読むための旅に出ました。
 旅といっても金曜の残業終わりに神戸へ向かっただけですが、海の見えるベランダのある部屋で2日間、『騎士団長殺し』を読みました。
 長らく旅らしい旅をしていませんが、いつもと違う場所で本を読むことが自分に潤いをもたらすことだったことを思い出しました。
 日々の生活の渇きを心底実感したところから旅は始まり、夜が明けてゆく様子を眺めたり、海風を受けたりしているうちに頭に入ってこなかった文章がすうっと入り込むようになりました。
 入り込んだら、足先から頭のてっぺんまで体中が水で満たされた気がしました。

 どちらかというと、今までのわたしの旅は移動することが第一目的になっていることが多かったので、訪れた場所でそこにある空気を楽しむことをすっかり忘れていました。
 あの日過ごした時間やそのときの記憶は、そのあと何度も思い出しています。
 それを勇気と呼ぶのだと思います。思い出すことで勇気が湧いてきます。

 ただ本が読みたくて『騎士団長殺し』の上下巻をカバンに詰めたその重みも、きっと忘れないでしょう。
 結局上巻の途中までしか読めず、下巻の出番はありませんでしたが。


[PR]
# by fastfoward.koga | 2017-04-23 23:10 | 本の虫 | Comments(0)

4月~12月の巻(2016年)

1 伊坂幸太郎  ガソリン生活・朝日文庫

2 江國香織   ちょうちんそで・新潮文庫

3 山崎ナオコーラ

        ネンレイズム/開かれた食器棚・河出書房新社

4 万城目学   かのこちゃんとマドレーヌ夫人・角川文庫 ※

5 西靖     聞き手・西靖、道なき道をおもしろく・140B

6 赤染晶子   乙女の密告・新潮文庫 ※

7 三浦しをん  私が語りはじめた彼は・新潮文庫 ※

8 堀江敏幸   なずな・集英社 ※

9 松家仁之   火山のふもとで・講談社 ※

10 小泉今日子  黄色いマンション 黒い猫・スイッチ・パブリッシング 

11 山崎ナオコーラ

浮世でランチ・河出文庫 ※

12 恩田陸    夜のピクニック・新潮文庫 ※

13 井上荒野   ベーコン・集英社文庫

14 村上龍    空港にて・文春文庫 ※

15 松家仁之   沈むフランシス・新潮社 ※

16 松家仁之   優雅なのかどうか、わからない・マガジンハウス ※

17 宮本輝    にぎやかな天地(上)・講談社文庫 ※

18 J.D.サリンジャー/村上春樹訳

        フラニーとズーイー・新潮社文庫

19 宮本輝    にぎやかな天地(下)・講談社文庫 ※

20 三浦しをん  小暮荘物語・祥伝社文庫
21 山崎ナオコーラ
        美しい距離・文藝春秋
22 石持浅海   Rのつく月には気をつけよう・祥伝社 ※
23 伊坂幸太郎  アヒルと鴨のコインロッカー・創元推理文庫 ※
24 村田紗耶香  コンビニ人間・文藝春秋 
25 三浦しをん  神去なあなあ夜話・徳間文庫
26 伊坂幸太郎  SOSの猿・中公文庫 ※
27 伊坂幸太郎  死神の浮力・文春文庫
28 川上未映子  愛の夢とか・講談社文庫
29 綿矢りさ   勝手にふるえてろ・文春文庫 ※
30 絲山秋子   沖で待つ・文藝春秋 ※
31 川上弘美   天頂より少し下って・小学館文庫
32 絲山秋子   ラジ&ピース・講談社文庫 ※
33 くるり+宇野維正 
        くるりのこと・新潮社
34 津村記久子 ポストライムの舟・講談社 ※
35 井上荒野  ほろびぬ姫・新潮文庫
36 山田詠美  賢者の愛・中央公論社
37 西加奈子  通天閣・筑摩書房 ※
38 西川美和  きのうの神さま・ポプラ文庫 ※
39 西川美和  永い言い訳・文藝春秋 ※
40 絲山秋子  袋小路の男・講談社文庫 ※ 
41 朝井リョウ 何者・新潮社 ※ 
42 浅井リョウ 何様・新潮社
43 西川美和  ゆれる・ポプラ社 ※
44 三浦しをん 光・集英社文庫 ※
45 東直子   とりつくしま・筑摩書房
46 酒井順子  その人、独身?・講談社 ※
47 宮本輝   草花たちの静かな誓い・集英社
48 綿矢りさ  手のひらの京・新潮
49 ベルンハルト・シュリンク 松永美穂訳
        朗読者・新潮文庫 ※

※印は読み返した本です。


 ご無沙汰しています。
 ブログを書かない生活が日常になってしまっていますが、本だけは読み続けています。
 せめて本のことくらい、書き記しておこうと思います。

 2016年は、自分が上質だと思えるものを読もうというきもちで1冊1冊を選びました。
 あとは、映像化される作品を読んだり、読み返したり。

 9ヶ月間の記録を並べてみて、どんな物語だったか思い出せないものもあります。
 加齢でしょうか。物覚えが悪くて。

 そんな中でも印象に残っている作品は。
 さすがの小泉今日子『黄色いマンション 黒い猫』、やっぱりの山崎ナオコーラの『美しい距離』、そして大御所宮本輝の『草花たちの静かな誓い』です。
 必ず読み返すときがくるでしょう。

[PR]
# by fastfoward.koga | 2017-04-23 21:42 | 本の虫 | Comments(0)