言霊の幸わう国

童心に返る

 先日トーキョーへ行った際に、ともだちふたりとそのこどもたち3人とわたし、計6人でで多摩動物園へ出かけた。
 動物園など京都市動物園と天王寺動物園くらいしか行ったことがなく、大人になると能動的にそうそう行こうと思う場所でもないので、結構行く前からわくわくしていた。

 筋肉痛になんでー、とともだちから事前にメールが来ていた。
 その理由は坂が多いから。
 行って見て、確かにと納得した。

 園内はアップダウンのくり返し。
 ベビーカーの操作も、こどもの歩くペースに合わせるのも容易ではない。
 でも、こどもたちの動物を見たときの反応やみんなで一緒に食べたお弁当など、日常と違う時間の過ごせることができて、単純に楽しかった。

 広い園内で、伸び伸びとのんびり動き回っている動物を人が柵のこっち側で見る。
 でも実は動物がこっち側で、あちら側の人である、キャーキャー沸いているわたしたちを見る場所なんじゃないのかと、ふと思ったり。
 
 見上げた場所にいたオラウータンの親子が開放的で、微笑ましくちょっとうらやましかった。
c0047602_2152447.jpg

[PR]
by fastfoward.koga | 2008-11-08 21:56 | 一日一言