言霊の幸わう国

たびあとあしあと

 もう今年を振り返らないと前回書いたものの、これだけはやっておこう。
 2008年の旅の振り返り。

1.出雲・松江
2.会津若松・喜多方
3.日光
4.富山
5.延々東北(日本海側) ~新潟・山形・秋田・青森~
6.常滑・豊田

 この合間に、2度トーキョーへ出かけた。
 が、やっぱりいつものことながらトーキョーは旅と呼ぶには抵抗があるから今年は省いた。

 例のごとくと言うべきか、会津若松と喜多方以外はひとりだった。
 しばらく誰かと旅に出たいなと思っていたけれど、こうして書いているとやっぱりひとりでまたふらっと出かけたいなという気になってくる。
 どちらも同時にできないのが心底残念、なんて不可能なことに気落ちしたりしている。

 先日ハハに、今年の冬はどこにも行かへんの? と聞かれた。
 うん、仕事忙しいからと頷きながら、ハハがわたしの旅に出る間隔を捉えていたことにおかしさを感じた。

 ハハの思ったとおり、そうそろそろ旅に出たい。
 行きたい場所は永遠に尽きることはなく、決めきれないことがもどかしい。
 どうして1ヵ所に決めなくてはいけないのかと、自分に駄々をこねたくなったりする。

 毎日会社で働いていても、どこかで自分の人生は旅のようだと思っているのに、それでは納得しない虫が騒ぐ。
 旅にベクトルが間違いなく向いているのに、わたしが旅に出ない理由はいろいろあるけれど、こんなふうに踏み切り板がうまく踏めないのも珍しい。

 こどもみたいに冬休みがあればいいのに。
 欲を言えば、宿題のない冬休み。
[PR]
by fastfoward.koga | 2008-12-28 20:08 | 旅行けば