言霊の幸わう国

旅帰り

 昨日、台湾から帰ってきた。
 たった3日間だけれど、関空に着いたとたん「あ~、帰ってきた」とふとつぶやいた。
 国内、海外問わず、わたしはいつも旅から帰ってくるとしたくなることがふたつある。
 ひとつは新聞を読むこと。もうひとつはだしのきいた食事をすることだ。

 旅の最中は旅に集中しているのでなんとも思わないが、帰ったとたんに新聞が読みたくなる。
 わたしは毎朝新聞を読むことを日課にしているが、言えば、新聞を読むことが旅と日常のスイッチの切り替えなのかもしれない。
 今回は帰りの飛行機でNHKのニュースを録画したものが流れていたが、活字ずきなわたしの場合単にニュースが知りたいわけではないので、新聞を読む方がだんぜん落ち着くのだ。

 食事に関しては、よく海外旅行から帰ってきた人が「お味噌汁が飲みたい」と言うが、わたしはおだしのきいたうどんやお吸い物が頭に思い浮かぶ。
 ちなみに今日の晩ご飯はかぶら蒸し。おだしのきいたあんかけで、満喫できた。
 ああ、やっぱりわたしは日本人。

 みなさんは旅から帰ったら、どんなことがしたくなります? 
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-03-12 21:47 | 往復書簡 | Comments(0)