言霊の幸わう国

歌うなら

 学校への道すがら、日傘を差しながら歌う『natuno』。
 少し前まではヘビーローテーションしていたユニコーンの『シャンブル』の曲を、片っ端からハナウタしていた。
 今日はくるりのアルバム『魂のゆくえ』とで、頭の中でシャッフルがかかる。

 まだ浅い陽射しの下、ふと考える。
 今歌っているのは、岸田くんの曲か、民生の曲か、どっちだっけと。
 馴染みかたが似通っていて、一瞬わからなくなる。

 まあどっちにしても、わかったことがひとつ。
 ハナウタとは、居心地のいい歌のことだ。
[PR]
by fastfoward.koga | 2009-06-14 22:33 | 一日一言