言霊の幸わう国

尾道里帰り ~旅で語る旅と本

 相変わらず遅筆。
 でも書く。尾道の旅の続き。

 ひとり旅でさみしいなと思うとしたら、それは食事のとき。
 でも今回は、話をしながら食べたり飲んだり。
 夕飯は、2年前尾道を訪れたときにはなかった新しいお店に行ってきた。

 1軒目は、「欧風酒場ボラーチョ」。
 商店街にあるガラス張りのバル。
 1度は通り過ぎて、うーんやっぱりとぐるっとひと回りしてお店に入った。
 カウンターに座り、とりあえずビール。
 あとは「今日のおすすめ」と書かれた中から特にお薦めはなんですかとキッチンに声をかけて、カルパッチョと魚(なんの魚だったか失念)のグリルを注文。
 2品を食べつつビールを空にしたあとはグラスワインの白を注文した。
 するとお店の女の子がどっちがいいですかーと、ワインボトルを席まで持ってきて説明してくれた。
 じゃあこっちと片方を指さし、ついでにもう1品アスパラのグリルを追加。
 その間、キッチンにいる2人の男の子のうちのひとりがよく喋ってくれた。

 関西の方ですか? そう聞かれた。
 あ、わかります? と言うと、イントネーションでと笑った。
 彼はときどき京都に行くんですと話し、以前18きっぷで京都まで来たことを教えてくれた。

 そんな話をしながら、もう1杯、さっきとは違う白ワインを注文した。

 お酒よく飲まれるんですか? とまた聞かれた。
 ほどほどですけどと答えた。
 彼はほどほどという言葉にそれ以上探りを入れてこなかったので、軽く笑っておいた。
 
 お勘定を払うとき、もうお帰りですか? と最後の質問。
 あともう1軒と言うと、気をつけて楽しんできてくださいと言ってくれた。

 その言葉に背を押され海沿いの道で少し酔いを醒ましたあとに行ったのは、尾道に来る前から調べていたバー。
 そこは、古本屋さんが始めたお店なのだ。

 入口の扉をくぐると、右にカウンター正面には壁一面に本が並んでいた。
 置いてあるのは主に単行本。
 カウンターの奥には男性ふたりのお客さんがいたので、入口に近い席に腰掛けた。
 本棚に並ぶ背表紙はそこからでも見える程度の灯りがとられていた。

 カクテルを注文したあと、見ていいですか? と断ってから本棚を隅々まで眺めみた。
 並んでいる本はミステリーが多かった。
 あとは村上春樹の『スプートニクの恋人』の初版本があった。
 眺めるほど誰かの本棚の前に立っているようで、初めは容易に手を伸ばすにはためらわれた。
 でも手ぶらで戻るのもなと、あたりさわりのない本を1冊手にして席に戻った。

 そうこうしていると先にいたお客さんは帰ってしまい、客はわたしひとりになった。
 本をぱらぱら捲りながら、古本屋兼バー店主にここにある本のどれくらいを読んでいるのかと聞いてみた。
 読みかけてやめてしまったり、すきな作家しか読まないからほとんど読んでないな。
 というのが店主の答えだった。
 本に囲まれて生活するということ。
 それがどういうものなのか知りたくて聞いてみたけれど、実際にはそんなものなのだ。

 ミステリーが多いですねと、背表紙を遠く見ながら聞いてみた。
 その中に高野秀明の『13階段』があったので、そのこともついでに言ったみた。
 わたしは、最後は正座して読んだと。
 すると店主はわたしが手元の本をぱらぱら捲る間に、『13階段』を引き出していた。
 その背中に好感を持った。

 ひとり旅は楽しいけれど、話し相手のいるところで食事ができると味覚ではない部分でおいしいと感じるなと咀嚼しながら思う。
 そして旅の途中で、旅について本について、語れるとはなんたる幸せ。
c0047602_20412843.jpg

[PR]
by fastfoward.koga | 2009-07-24 20:31 | 旅行けば | Comments(6)
Commented by tabikiti at 2009-07-25 11:23
何時か
コガトラベルお勧めツアーに申し込みしたいな~^^
Commented by cool-october2007 at 2009-07-26 09:46
うおっ!にゃんこが良い表情してますねぇ。
尾道は未踏地だから、旅行記を読ませていただくと
心が弾みます。
Commented by fastfoward.koga at 2009-07-26 10:59
太美吉さん、おはようございます。
じゃあとっておきをご用意しておきますよ。ふっふっふ。
Commented by fastfoward.koga at 2009-07-26 11:00
coolさん、おはようございます。
尾道は山のほうに行くとすごくたくさん猫を見かけます。
猫にとっては住み心地のよい場所なのかもしれませんね。
この猫もきもちよさそうに昼寝してましたよ。
Commented by akari at 2009-07-30 17:42 x
尾道、私もすごく好きな場所です。なんだか懐かしい印象が行くたびにするかんじが。そして坂や猫も多いし、ぼんやりするにもいい所ですね。・・・一人旅は楽しいしラクだけど、ご飯はやはり人と食べるのがいいですねぇ。美味しいものって誰かと一緒だから、きっと美味しいんだと思います・・・。
Commented by fastfoward.koga at 2009-07-31 11:52
akariさん、こんにちは。
尾道は町全体が懐かしさを漂わせてますよね。
ぼんやりが似合う場所なのですが、なぜかわたしはいつも坂道に挑むようにせこせこ歩いてます(笑)。

遠い空の下、尾道のことを思うakariさんのことを思い、どんなきもちになるのかなーなんて想像しました。
不思議な感じです。