言霊の幸わう国

タイムテーブル ・・・8月29日(土)

★8月29日(土)
 8:29 蘇我駅発 ⇒(外房線)⇒ 8:35 千葉駅着
 8:39 千葉駅発 ⇒(総武本線)⇒ 8:57 佐倉駅着   -佐倉散策-
 11:56 京成佐倉駅発 ⇒(京成本線)⇒ 12:08 京成成田駅着   -成田散策(昼食)-
 14:04 京成成田駅発 ⇒(京成本線)⇒ 15:18 京成上野駅着


 ホテルの計らいでシングルからツインに部屋を変えてもらって、のびのびと過ごしたひと晩。
 さあ最後の仕上げだと、今日は蘇我駅から出発。
 まずは千葉駅で乗り換え、佐倉駅へ到着。
 そこで川村美記念術館行きの無料送迎バスを待つ。
 川村記念美術館は印刷インキメーカーのDICが設立した美術館で、自然散策路やミュージアムショップ、レストランなどは美術館に入館しなくても利用できる。
 ガイドブックで想像を膨らませていたが、予想を裏切らない造り。
 バスを下りてもまだ美術館の開館には時間があったので、入場券(学割!)だけ購入し、先に散策路をぶらぶらと歩いた。
 園内はどこもかしもこも手入れが行き届き、とてもきもちよかった。
 特に芝生はその青さに見惚れるほどで、立ち入り禁止と書かれていないことを確かめて腰を下ろした。
 そして掌で芝生をざっと撫でると、寝転がらずにはいられなくなり、リュックを背負ったまま仰向けになり空を見上げる。
 横を見ると、きれいに刈られた芝生が続く。
 眠ったらもっときもちがいいだろうと、少しだけ目を閉じた。
c0047602_21313874.jpg

 と、そんなにゆっくりもしていられないと来た道を戻り、開館された美術館へ。
 少し人が多くて周囲が気になってしまうこともあったけれど、展示内容もおもしろく外だけでなく楽しめた。

 再び送迎バスに乗ったあとはJR佐倉駅へ。
 そこから京成の佐倉駅まで、この旅1番の暑さと陽射しの中歩いた。
 地図では1キロほどだが上り坂もあり、結構きつかった。
 またこんなことして、とひとり自分に突っ込みながらも、でももう戻っても仕方ないと黙々と歩ききったが、わざわざ京成まで行ったのは近くにあるおせんべい屋さんに行くのが目的だった。
 そこはガイドブックに載っていたお店だったのだけれど、我慢して行った甲斐のあるところで、会社用のおみやげはそこで購入して送ってもらった。
 結構種類が多くて迷っていると、店主のおじさん(おじいさんに近い?)は割れせんを出していくつも味見をさせてくれ、思わずあれもこれもと買ってしまった。

 そして最後に成田へ。
 ここでも暑さと陽射しに負けそうになりながら、成田山新勝寺へ参拝。
 駅からもっと近いと勘違いしていたので、成田山へ辿り着いたときにはもう力はわずかしか残されておらず、とりあえず大きな声の読経の聞こえる大本堂に立ち寄るだけで精一杯だった。
 今思うともっとゆっくりしたかったなと、心残り。
 でも欲張りすぎないのも旅の鉄則と、そこは潔く諦めた。

 再び成田駅へ戻ってきたら、あとは都内へ戻るだけ。
 その足で京都へ帰るわけではないけれど、京成の車内でここから先は旅が旅でなくなるのを眠気でいっぱいの頭が感じていた。
 そうここから旅はフェードアウトしてゆくのだ。

 おわり
[PR]
by fastfoward.koga | 2009-09-05 21:35 | 旅行けば | Comments(4)
Commented at 2009-09-06 13:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cool-october2007 at 2009-09-06 17:57
もう、なんだかすごい行程になってますね!
自分の住むエリアの近くをkogaさんが駆け抜けていったのかと思うと、なんだか不思議な気がします。

僕も来月は関西に行きますよー。
Commented by fastfoward.koga at 2009-09-07 19:21
鍵コメさん、こんばんは。
夏休みなかったのですか・・・。
拙い旅行記ですが、ちょっとでも旅気分を味わっていただければなによりです。
毎度毎度お褒めいただいてこそばゆいですが、川の例え、最上級の褒め言葉でした。
どうもありがとうございます。

音博近づいてます、ハイ、どんどんどんどん(笑)。
あとのツアーも楽しみですね。
鍵コメさんも残暑厳しいですが、お体ご自愛くださいね。
Commented by fastfoward.koga at 2009-09-07 19:23
coolさん、こんばんは。
すごい行程ですよね!
自分でもこうして書き改めてそう思いました。
決して体力的にしんどい行程ではないんですけど、しみじみわたしってほんまに電車すきやねんなあと(笑)。

coolさんは、関西はどのあたりに来られるのでしょう。
あ、やっぱりデートですか? 聞くだけヤボかなあ。