言霊の幸わう国

アカルイアシタ

 昨日、落ち込むようなことがあった。
 ひとりで大阪駅から電車に乗り、最寄駅に着くまで本を読んでは考え、本を読んでは考え、どよ~んとした空気に包まれたまま帰ってきた。
 駅に着いて階段を降りるときに、ふと思った。

 お酒が入ってから落ち込むような話を聞くとつらいよな~。
 なにがこんなにきもちを沈ませるのかな~。
 人に話せたら楽になるのかな~。
 でも性格的に現在進行形で落ち込んでる話ができないんだよな~。
 なんでできないのかな~。
 生々しすぎるし、話してもおちつかないよな~。
 それはやっぱりこのプライドの高さがそうさせるのかな~。

 ・・・などなどなど。

 考えすぎたと言われるのは、慣れている。
 でもさすがに昨日は、ただ落ち込んでいられない自分にちょっと嫌気がさした。
 なあんで落ち込んでいる自分をとことん分析してしまうんだろ。
 結局、お風呂に入っても気は晴れず、鬱々としたまま止まらない咳と戦いながら眠った。

 小さいころから毎日決意ばかりしていた。
 毎晩、明日は生まれ変わろうと思っていた。
 今はそんなふうに簡単に自分を変えようと思うことはなくなった。でも、やっぱり変わりたいし、変えていきたい。

 昨日の空気を引きずったまま、仕事に出かけた。
 バタバタと今年度最後の一日は終わった。
 なんにも解決はしていないけど、考えるだけの昨日よりはずいぶんまし。

 考えることはやめたくない。それはわたしの特技だから。
 でも考えるだけじゃなく、動かないと望む明日はやってこない。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-03-31 22:31 | 一日一言 | Comments(0)