言霊の幸わう国

我ニ返ル

 旅に出たわけでもないのに、ブログを書かなかった。
 ブログを始めてからずっと前回書いた日のことは気にしていて、間が空かないようには注意を払っていた。
 だからたまには書く必要のない言葉を残したこともあるし、でもそれも今の言葉のひとつかと自己解釈していた。
 でもこの5日間はどうも書く気にならず、書くことも思い浮かばなかった。

 なにも起こらなかったわけではない。
 変わらない毎日も、そんな毎日に飽きていたことに気づく出来事も、長い長い夢も、1秒の時間を余すことなく埋め尽くされていた。
 この数日はその時間が流れてゆくのを、通過列車を眺めるように見ていた。
 お風呂のお湯の中で掌をグーパーグーパーしてみても、手にはなにも残らなかった。

 考えることも長続きせず、書くこともままならない。
 それを危機的状況だと感じるべきなのかと思ってみたけれどどうもピンとこず、こんなこともあるだろうと湖に浮かぶボートになってみた。
 ほんとうのところ、抗ったり、足掻いたりする気力があるかどうかすらも確認するのも邪魔くさかったのだ。
 

 突然話は変わるが、髪を伸ばすようになってからそのことを話題にされることが多くなった。
 久しぶりに会う人には決まって驚かれ、いかに自分の髪が短かったのかをそのたびに思い出していた。
 
 耳がすっぽり隠れるくらいの長さのマッシュルーム。
 それが今の長さ。
 以前に比べればドライヤーの長さも、手入れの手間もかかっている。
 ちょっと面倒に思うこともあるものの、ギリギリ耐えられるラインを保っているし、気に入ってもいる。
 でもときどき、頬にかかる髪を払いのけたとき無性に切ってしまいたくなることがある。

 どうしてだろう、昔から髪が長くなると隠し事をしている罪悪感に捕らわれる。
 鏡を見ても、自分はそこにいるのにどこか遠くへやってしまっているような気になるのだ。

 今朝も出かける気はなかったけれど、ひととおり髪にドライヤーをあてた。
 昼すぎに鏡を覗くと、左サイドにくせが出ていた。
 耳の上から後ろへ髪を撫でつけてみる。
 すると懐かしい長さの自分が現れる。
 でも、今切るのはいやだなと思う自分がいた。
 なにがどうして髪を伸ばしたということはないのに、もう戻りたくないと思うきもちが胸にあるのだ。


 数日間の流されるだけのうだうだした状態は、どんなことで解消されるのか、期待していたところもあった。
 そういうとき待ってしまうのは、たいてい劇的なことだ。
 いつまでたっても、少女マンガみたいなことを想像してしまう。

 今日は朝起きたとき、予定もなにもない1日を早送りして、昨日と同じように書かない時間を過ごすのだろうと予想を立てた。
 掃除をし、アイロンをかけ、マンガを読み、ネットを見たり、テレビを眺めるだけ。
 でもその中で、ある人の顔を見たら書く気になった。
 頭の中に言葉が浮かんだ。
 話したこともないその人が、自分らしい顔をしていたのを見たからだ。

 あぁそうか、わたしもそういう顔をしていればよかったのだ。
 そう気づいたら、彷徨った魂が我に返ってこの体に戻ってきた感じがした。

 いつにない、長い放心状態だった。
[PR]
by fastfoward.koga | 2010-02-28 21:25 | 一日一言