言霊の幸わう国

また1年

 今日、大学から来年度用の学習ガイドやシラバスなどが届いた。
 新しい学習ガイドやシラバスはすべすべで、何度触れてもきもちがよかった。
 触りながら本棚の今年のシラバスを見て、すっかり手垢で汚れていることに気がついた。
 そう、1年経ったのだ。

 高揚感に任せて、早速来年度の学習計画を立てる。
 スクーリングスケジュールを1番に考えながらシラバスを読みこみ、取りたい科目を抜き出してみる。
 単位数の合計や課題数、単位修得試験のスケジュールも含め検討し、4時間ほどかかってやっと仕上げた。

 事前に知らされた専門科目のスクーリングスケジュールでは、かなりトーキョーへ行かなくてはならないと思っていたけれど、シラバスの内容を読むと取りたいものが変わり、結局3度ほどですみそうだ。
 ただ11月にスクーリングを3科目取る予定にしているので、集中してしまったことが気がかり。
 あとは卒論の作品概要も7月早々に提出を控えているので、そこまでに書きたいものがまとまるかがかなり心配だ。

 2009年度、最後に出した総合科目の課題が初の再提出になり、どーんときもちが落ちてしまったこともあり、来年度は専門科目の数を増やした。
 できるだけ今まで触れていない分野にも手を出してみたいという思いはあるものの、残りはあと2年と決めたからには、せっかくの機会だ。専門科目を可能な限り受講しておくべきだなと思い直した。

 1年経過してわかる楽しさや怖さ。
 計画を立てて、やっぱり今年も武者震いするけれど、さあ、また気を引きしめてがんばろうという気になった。
 今年が、いつよりも1番勉強する年になりますように。
[PR]
by fastfoward.koga | 2010-03-13 22:41 | 一日一言