言霊の幸わう国

ぬくぬくさむさむ

 今日は会社を休んだ。
 いつもと同じ時間に起きて支度をし始めたものの、洋服を選ぶ段になって手が止まった。
 外の真冬並みの寒さと、通勤時間の長さと、ぼーっとするほど暑い社内を思い出したら、急ぎの仕事もないしと、やーすも、とふとんに戻った。

 チチの出かける音を聞き、ハハが出かける支度をする音を聞き、9時半ごろにはうちにひとりになった。
 寒さのせいか、外で遊ぶこどもの声もしない。
 静かなうちの中で耳を澄ましていたら、久しぶりに鍵っ子に戻ったようだった。
 
 1日中、ふとんの中でゴロゴロ。
 せっかくだからと今日から始まる朝ドラを手始めに、そのままチャンネルを頻繁に替えながらテレビを見たり、読みかけの本を読んだり。
 昼間に1度だけ強い風で飛んでしまったベスパのカバーをかけに出た以外は、息を潜めるように窓からそっと外を眺めるだけ。
 何度か通り雨、というかアラレのようなものが降り、あーもうやだやだとひとりごちた。
 それでも川沿いに咲く桜は日に日に、わずかながらも花開いているようだった。

 送別会もあとひとつ。
 さー、明日は仕事に行くか。
[PR]
by fastfoward.koga | 2010-03-29 21:39 | 一日一言