言霊の幸わう国

鯉のぼり

 今日は会議のために、いつもと違う電車に乗った。
 少し早めにうちを出て、JRはのんびり普通電車で。
 昨日届いたガイドブックを読みつつ、2駅だけ目を瞑ったりして目的地へ向った。

 帰りは、みな向かいのホームに立つ中ひとり電車を待つ。
 やってきた普通電車が運よく京都行きで、2駅目からシートに腰を掛けまたのんびりガイドブックを広げた。
 あまりに熱心に読みすぎ、ガイドブックに感情移入しすぎていると、はたと気づいて視線を上げる。
 すると、駅に近づき減速する電車の外には、いくつもの鯉のぼりが。

 何本も支柱が立てられ、1本の支柱には上から大きい順に5匹ずつ。
 風の強い今日は、みなしぼむことなく鯉は泳ぐ。
 そよそよよりは力強く、ばさばさと。
 
 ええなあ。
 泳ぐようにそよぎ、飛ぶ。

 わたしも、ガイドブック片手に旅へ。
 3日ほど留守にしまっす。うっふふ~。
[PR]
by fastfoward.koga | 2010-04-23 20:53 | 一日一言