言霊の幸わう国

鹿児島スリーデイズシックスストーリーズ ―プラットホーム

c0047602_2358321.jpg










 鹿児島空港に到着。
 出迎えてくれたのは、昨年の京都音楽博覧会以来のお久しぶりのハナウタコさん
 今回の旅は、ハナウタコさんにおんぶにだっこで鹿児島案内をお願いしたのだ。

 まずは鹿児島スリーデイズの1日目の予定を立てるべく、2階の喫茶へ。
 でも久しぶりに会って、あーでもないこーでもないと関係のない話をする。
 そして目の前の飲み物があと少しになったところで、やっと話は本題に。
 ガイドブックをいくつも捲って、電車ずきのわたしにとハナウタコさんが提案してくれたのは、鹿児島空港からほど近いJR肥薩線の嘉例川駅。
 そこには、100年以上の歴史を持つ駅舎のあるのだ。
 かつて暑い暑い夏の日、熊本から鹿児島まで1日中電車に乗り通過した駅のひとつ。

 駅というのは不思議な場所だ。
 電車の中から見るのと、ホームで電車を待つのと、乗らずに見送るのとでは違う顔を見せる。
 それを初めて知った。

 期待薄だったのに運よく買えた人気の駅弁「かれい川」。
 下手でも思わず写真を撮りたくなる古い駅舎。
 中には歴代の駅名標や、どこからどう見ても正体不明の赤い物体。
 驚くほどいい出来の、肥薩線全線開通100周年で作られたフリップブック(=パラパラ写真)。
 きもちよく伸びるホームに線路に、青い空。
 偶然やって来た真っ黒なボディのかっこいい特急「はやとの風」。

 駅弁を売るおじさんの前を何度も何度も行き来して、恥ずかしくなるくらいそこにいた。
 お弁当も、駅のそばにあった公園の東屋で30分以上かけて食べた。
 その間に、1両、2両の普通列車が上りも下りも通り過ぎた。
 空には、鹿児島空港に発着する飛行機が小さく見えた。

 どこにいるのかわからなくなるくらい、その時間は長く心地よく。
 数分停車していた「はやとの風」が出発するとき、車掌さんはホームに立ちんぼのわたしたちに手を振ってくれた。
 その背中を見送りながら、すでに旅の途中だというのにそれでもどこかへ浚われたいと思った。
 贅沢だとはわかりつつ、望みは果てない。
c0047602_23591362.jpg
[PR]
by fastfoward.koga | 2010-04-30 23:41 | 旅行けば