言霊の幸わう国

『1984』

 髪でも切ったらいろんなことがさっぱりするかと思ったけれど、28日ぶりぐらいじゃ変わり映えもしない。
 鏡を覗いても、自分がよくわからないくらいなのだ。
 きっとまた誰にも気づかれないだろう。

 あさってが締め切りのレポートを、書き出しが決まらないと頭の中でぐずぐずしていた。
 すでに普通郵便で出すリミットは過ぎた。
 あとは速達しかない。
 6月の単位修得試験は受けたいので、さすがにお尻に火がついて、午前中髪を切りに行く前に適当な文章で書き出した。
 構成など考えるなと脳に命令を出し続け、続きは帰ってきてから書いた。
 夕方一旦終えて、さっき読み返したら、さすがにおかしなことを書いていると、書き出し後の数行はばっさり削除した。
 明日朝もう1度読み直して、本局の郵便局までベスパを走らそう。

 未だ求める本を手にできておらず、レポートを書いたら手持ち無沙汰になった。
 テレビも見る気にはならない。
 仕方がないなとステレオの電源を入れ、数ヶ月間入れっぱなしになっているCDをスタートさせた。

 何度聴いても、始まりの『1984』がいい。
 違和感のあった1日がそれだけで少しマシになる。



[PR]
by fastfoward.koga | 2010-05-08 22:54 | 一日一言 | Comments(2)
Commented by asntbs at 2010-05-09 00:56
鶏びゅ~と で知ったクチではありますが
僕も彼らが好きです。

なんだろ、突き抜ける若さって感じかな。
Commented by fastfoward.koga at 2010-05-09 21:24
asntbsさん、こんばんは。
わたしもそのクチですから、エラソーには言えません(笑)。

メンバーもさることながら、ライブに来るお客さんも若いですよ。
浮かないようにドキドキしてます(笑)。