言霊の幸わう国

冷凍保存から目覚める

 電車が駅で止まった。
 大きく開いたドアの向こうに、朝の陽射しに照らされた新緑の葉が見えた。
 あまりの瑞々しさに初夏を感じていたそのとき、いつもの自問自答のジモンが頭の中に現れた。

 今が初夏だとわかっているから、緑がまぶしく見えるんじゃあないだろうか。
 もし数10年、数100年冷凍保存でもされてこの命がそのとき甦り、目が覚めたときに同じものを見て同じことを思えるだろうか。
 朝はそんなことを考えていた。

 夕陽が車内に射しこみ、ふいにそのことを思い出して再びジモン登場。

 どれだけ自分が眠り込んだかわからず目を開いたとき、最初に飛び込んできたもので自分は季節を感じうるだろうか。
 触れる空気、陽射しの柔らかさ、空の高さと青さ、時には雲の形。
 緑の色、鮮やかな花、甘い香り。
 長年の闇から五感の溢れる世界に飛び込んだら、逆によくわかるかもなんてことを思ったり。

 結局人は、季節を五感とともに記憶にパウチしているようで、自分のほうが季節が溢れる世界に包まれてパウチされているのだ。

 そうやってぼんやりしながらいく駅も通過しているうちに、この夕陽はもう2度と見られないのかと、急に感傷的になった。
 でも太陽は、変わらず明日も昇ってくる。
 じゃあまた見られるじゃないかと思ったところで、はたと気づく。
 気温も、雲も、川の水かさも、すべてが同じじゃないと、発するものが同じでも発したものは違うんだなあと。

 反対側のシートに座る人の隙間から夕陽をしばらく眺めて、膝の上の本に視線を戻した。
 余白の多いページの上には、太陽の残像がミトコンドリアみたいな形でふたつ見えた。
 いつまでそのままだろうと、白い紙の上でいつまでもそれを追いかけた。
[PR]
by fastfoward.koga | 2010-05-13 20:58 | 一日一言