言霊の幸わう国

蜜の匂い

 気づいたのは、一昨日。
 ベスパに乗ってうちに帰ろうとして、シートの後ろのほうに丸い点々がついていた。
 見ただけで、その点がべたっとしているのがわかった。
 まるで甘い甘いコーヒーを、ストローで落としたみたいな感じ。

 誰かが、シートにジュースでも置いたのかと思った。

 朝、タオルを少し濡らして点を拭う。
 案外すぐ消えたので、さほどべとりとしたものじゃないようだ。

 するとまた、夜ベスパを見ると同じような点が同じような場所についている。
 しっかり拭えなかったのかなくらいに、疑問にも思わなかった。

 それが今朝、なにげなくバイク置き場についてヘルメットを脱いで上を見上げると、直径5センチくらいの蜂の巣があった。
 そこには、小さな蜂のお尻がふたつ。
 意外な事実に、ふと笑いが洩れた。

 きっと明日も、夕方ベスパのシートには蜜が落ちているだろう。
 今度はそこにそっと鼻を近づけてみようと思う。
[PR]
by fastfoward.koga | 2010-07-21 23:02 | 一日一言 | Comments(2)
Commented by itr-y at 2010-07-22 10:32
ベスパに蜂蜜だなんて、ハチにハチミツといった感じですね。
とても夏らしいエピソード。
Commented by fastfoward.koga at 2010-07-23 12:06
itr-yさん、こんにちは。
コメントをいただいて、初めて気づきました!

匂いはかいでみましたが、シートの皮の匂いだけしかしませんでした(笑)。