言霊の幸わう国

書くこと 読むこと

 今日、O嬢に「ブログ見てるよ~」と言ってもらった。
 でも、「なんだか××ちゃん(わたしの名前)の日常を覗いているようで、恥ずかしい・・・」のだそうだ。

 そうなのか。
 わたしはあんまり気にしてないんだけど、そう思っている人は他にもいるのかな?
 ま、どんな人が読んでもわかりづらくないように、困らないように、そういうことに気をつけてはいる。
 書いていてあまりに感情がこもりすぎてしまったり、酔っ払っているときに書いたものなどはあとで自分で読み返して訂正することもある。
 夜書いた手紙は朝読み返せ、と同じだ。

 でも、夜だからこそ、酔ってるからこそ、出てくる言葉もある。
 どんなきもちからでも、どんな状況からでも出てきた言葉は責任をもって、常に真摯なきもちで書くことと向き合っているつもりではある。
 だから、ええい! と送信ボタンを押してしまうのもひとつだと思っている。

 ブログを日記とは呼びたくないけれど、自分のきもちの浮き沈みやささいな思いを日々ちゃんと残していくことは大切だ。
 そんなものにおつきあいいただき、みなさん、ありがとう。
 せめて言葉のかけらでも、なにかみなさんに届くものがあればと改めて願う今日この頃である。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-04-20 00:08 | 往復書簡 | Comments(2)
Commented by caosoi at 2005-04-20 23:01 x
あ、私も最初ちょっと思ってました。
なんか照れちゃうな~って。最近は思わないよ。慣れた?
ホント対照的よね私達って思うことが多々あって。楽しいです。
にま~って笑ってたりするもんな。で、ついついコメントしちゃうねんけど。
話ズレてたりするのね(笑)
まあ それも愛嬌ってことで。見逃して~
Commented by fastfoward.koga at 2005-04-21 20:25
 あ、そうなのね。
 読んで照れるなんて反応は、予想してなかったわ。
 これからも末永くよろしく。