言霊の幸わう国

サイン

 あわただしかった数週間のあと、ぽっかり穴が開いたようなこの数日。
 書きたいことはあるけれど、毎晩部屋に帰ってくるとぼおっとしている。

 充電中ではなく、放電中。
 取り入れたものを削ぎ落とし、なにが残るか。
 そんなことを考えながら目を閉じると、すうっと眠りにつく。

 ときどきこんなふうに、眠気が大波みたいにやってくる。
 こういうときは抗わないほうがいい。
 体は正直だ。
[PR]
by fastfoward.koga | 2011-01-26 21:19 | 一日一言 | Comments(4)
Commented by cool-october2007 at 2011-01-28 20:56
こんばんは。
確かに、放電し尽くした電池のように、パタッとエネルギー切れになっちゃうことってありますよねぇ。
僕は季節的にもエネルギー切れがやってくるので、よくわかります。
Commented by fastfoward.koga at 2011-01-28 22:15
coolさん、こんばんは。
1週間だらりと過ごしたおかげで、少し力がむくっと出てきました。

やりたいこととやらなくてはいけないことと、休むこと。
バランスってやっぱり大事、と実感する今日この頃です。
coolさんもエネルギーが切れたときは、パタッと休んじゃってくださいね。
Commented by mohariza6 at 2011-01-29 11:53
< 放電し尽くした電池のように、パタッとエネルギー切れ>の状態で、死ぬのが理想のように思います。
Commented by fastfoward.koga at 2011-01-30 19:46
mohariza6さん、こんばんは。
確かに、ぱたんと死ねるのは理想ですね。