言霊の幸わう国

楽しみはこれから

 長いゴールデンウィークの間、なかなか消せなかったテレビを夕方になって消した。
 代わりにandymoriを鳴らしながら、こまごました用事を済ませた。
 陽が傾き始めたころ、お腹はすいていなかったのでお弁当用のおかずを先に作ろうと台所に立った。
 コンポのボリュウムを少し上げる。
 何度もくり返し聴いても飽きないその音に背中を押され、切ったり炒めたり煮たりする。
 途中から調子が出てビールを片手に調理をし、その1本で夕飯まですませた。
 そのあとは、DVDに切り替えてフジファブリックのPVを見ながら、時刻表とガイドブックを手にした。
 毎度のことながら、『若者のすべて』を聴くと、その切なさから机につっぷしてしまう。
 机と胸の間に広がるのは、路線図。
 気を取り直して体を起こし、視線で路線をなぞる。
 昨年の晩秋以降旅はご無沙汰しているから、まだ旅心は覚醒していないようだ。
 そういうときは無理をしない。
 呼ばれているから、行く。
 とりあえず準備を始めよう。

 ゴールデンウィーク最後の夜に、旅支度を始められるこの幸せ。
 よきこと、よきこと。
[PR]
by fastfoward.koga | 2011-05-08 20:56 | 一日一言