言霊の幸わう国

4月の巻

1  フランツ・カフカ
            カフカ・セレクションⅡ 運動/拘束
2  新井敏記   SWITCH STORIES
3  山崎ナオコーラ
            人のセックスを笑うな ※     
4  伊藤たかみ  八月の路上に捨てる ※
5  津村記久子  ポトスライムの舟 ※ 
6  島本理生   シルエット ※     
7  吉田篤弘   つむじ風食堂の夜 ※

※印は、読み返した本です。


 小説ってどんなんだったけなあと、先月は、実家から持ってきた本の中から手当たり次第に読みました。
 ひとり暮らしをするにあたり今の部屋に持ってきたのは、6分の1もあるでしょうか。
 やっぱり物足りなさを感じずにはいられません。
 せめて今の2倍の本棚があれば・・・。
 というのは、贅沢でしょうか。

 マンガに雑誌、辞書にガイドブック。
 引っ越しに際して購入した本棚は、すべてを詰め込むには不十分でした。

 く~っ、未だ壁一面の本棚はまだまだ憧れです。
[PR]
by fastfoward.koga | 2011-05-23 21:25 | 本の虫 | Comments(0)