言霊の幸わう国

リバーサイドビル

 今日は部長にこってり絞られた。
 久しぶりに出張から帰ってきた部長は朝からご機嫌で、でもそのご機嫌はわたしには関係ないんよなーと思っていたら、ほんとうに関係なく。
 わたしと課長は、かやの外にいた。

 叱られた要因はいろいろある。
 それに、いちいちを確認しても、判断を仰がないのも、どちらもどうせひと言言う人なのだ。
 どっちにしても結果が同じだとは言わないけれど、問題点を挙げてゆく中で失敗の要因を人のせいにはしたくはないなと、帰り道すがら考えていた。
 
 潔く間違いを認めたせいか、くよくよしたり落ち込むほどのダメージはない。
 でもいつもなら立ち止まらず右折して先の信号まで歩くところを、足が止まった。
 赤信号の間、視線は向かいのビルのてっぺんに。
 そこで初めて、ビルの名前を知った。

 息苦しくなると空を見上げる癖は、学生のころからほんとに変わらない。
[PR]
by fastfoward.koga | 2011-05-24 22:20 | 一日一言