言霊の幸わう国

頭の中の物語

 土曜日、今年度になって初めて大学へ行った。
 卒業研究という最後の大仕事、書き始めた小説の添削後の面談のためだ。
 指定されたのは朝10時。持ち時間は30分。
 前週に東京で同じ面談を受けた学友から様子を聞いて、数日前からただただ憂鬱になっていた。
 がしかし、ふたを開けてみれば30分なんてあっという間。
 担当教官のふたりの先生も、作品の構想などはもともと好意的に受け取ってくれているので、想像していたような身も凍るほどの思いはせずにすんだ。

 これまで数回にわけて提出した課題。
 奇をてらおうと思っていたわけではないけれど、せっかくだからチャレンジしなくてはという気負いから出た文章は、なかなか受け入れられなかった。
 これまでは、模索しながらの結果なのでこんなものかと痛い思いをしながら、評価は甘んじて飲み込んでいた。
 しかしながら、前回提出したときにはほぼまる2日で1万字と少しを書き上げたのだけれど、長く書こうとすると付け焼刃の技術と言葉では思ったものは書けず、結局はいつもの自分のトーンに戻してみた。

 少しおもりをつけて、あえてきもちが沈んだところから書き始める。
 自然に高揚するまでは無理はしない。
 もともとが根暗なのだ。
 鬱々とした思いになんてすぐになれる。
 集中して、主人公に自分を乗り移させた。

 今回の面談で、文字数について3万字くらいに押さえたいと発言すると、先生はシラバスに書かれている制限文字数を超えても構わないと言ってくれた。
 隣にいたもうひとりの先生も、隣で目を大きく開いて頷いていた。
 勝手ながら、構成などはさておき、文章そのものはそのくらいの長さになっても読むに耐えられると言ってもらえたのだと判断した。

 物語はまだ始まったばかり。
 でももう半年もしたら、物語は出来上がっていなければならない。
 自分の毎日ですらあわただしくしか描けていないけれど、そこまでうまく辿りつけるだろうか。
 とりあえず全部頭の中にある物語を文章に起こしてみたい。
 そんなことを静かに今、思っている。 
[PR]
by fastfoward.koga | 2011-05-30 22:21 | 一日一言