言霊の幸わう国

白昼夢

 会社のデスクで電話をかけているところに、メールが届いた昼過ぎ。
 保留音を聞きながら、携帯を開いてみる。
 会いたい人の顔が、浮かぶ。
 いくつも浮かぶ。

 この先ひと月きゅうきゅうと詰まった隙のない時間をも飛び越えて、飛んでゆきたい。
 そう思ったら、視線の、左斜め上あたりに薄青い空が見えた。
 耳元でまだ鳴っている保留音は、ドリカムの『未来予想図Ⅱ』。
 口ずさみかけたら、音は途切れた。
[PR]
by fastfoward.koga | 2011-11-15 22:48 | 一日一言