言霊の幸わう国

付箋リスト

 わたしの机の前には付箋が並んでいる。
 ほしいものリストとやることリストが書かれた付箋だ。
 ずいぶん前に読んだ「an・an」に書かれていたアイディアで、やることを忘れないための方法だ。
 こまかなやるべきこと、やろうとしていること、やりたいことは結構日々忘れてしまうので、それらを思いついたときに付箋に書いて目に付くところに貼り付けておく。そしてやり終えたら、付箋ははがしてゴミ箱へ。
 ちなにみ、わたしは仕事とプライベートは付箋の色を変えている。仕事は白、プライベートは青。きもちとして仕事のやりかけはきもち悪いので、白の付箋は早くはがそうと心がけている。

 中には何ヶ月も貼りっぱなしになるものもある。
 そんな付箋と目が合うと、スッとそらしてしまう(笑)。
 わたしは自分でいうのもなんだけれど、結構実直なので自分で決めたことでしかも一度書いてしまったことはうやむやにできない。だからやらずにそのままになったことも、ちゃんと終わらないとはがせないのだ。

 でも、どんなつまらないことが書いてある付箋でもはずしたり、線で消すときにはちいさな達成感がある。
 それにわたしはもともと計画を立てるのがすきなので、付箋を前に、これはいつやろうかと段取りを考えるのが楽しい。

 わたしの、ささやかな日常の楽しみ方でした。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-05-08 22:54 | 一日一言