言霊の幸わう国

恋せよ乙女

 先週末から今週の朝ドラ『カーネーション』には、釘付けになっていた。
 主人公、糸ちゃんの恋する姿は微笑ましく、そして切なかった。
 今日は特に、15分間瞬きするのも惜しいくらい、じいっと画面を見つめていた。

 糸ちゃんは、すきな人に紳士服のお店を作ってあげた。
 それなのにどこか悲しそうな彼に、「わたし、なんか失敗した?」と尋ねる場面は胸が痛かった
 でもそれは彼の夢を叶えてあげたのではなく奪ってしまったのだと、新しい看板を見上げ気づくのだ。
 
 初めての朝帰りで、すきな人と別れてきた糸ちゃん。
 こっそりうちに入ったらとたんに心配していた母親に叱られ、まだ眠る3人の娘の間に寝転んだ。
 恋する乙女は、来週からまた元の威勢のいい糸ちゃんに戻るんだろう。

 木曜の小泉今日子のドラマといい、恋をしている主人公に羨望のまなざしを向けてしまう。
 元旦から告白されたのは、なにかいい兆しだろうか。
 いや、だろうかじゃなく、そう信じよう。
 予感はなにかを引き寄せる。
 
[PR]
by fastfoward.koga | 2012-01-28 23:15 | 一日一言