言霊の幸わう国

31日という時間

 1月31日ほど、ひと月という時間の存在を感じる日はない。
 もうひと月経ったのか。
 心底、そう思う。
 今日も、そう思った。

 ビール1本とくるりで、なんか妙にさみしくなってきた。
 この待ちくたびれた感は、いったいなんなんだろう。
 頭の中で想像する自分の姿に、少し靄がかかっている。

 31日という時間が、重い。
[PR]
by fastfoward.koga | 2012-01-31 23:21 | 一日一言 | Comments(2)
Commented by jinsei-rarara at 2012-02-01 08:52
はーい、2月は29日ありますよ♪
1月の重いの重いのどっか知らんとこへ飛んでケー

マラソンよく走りきりましたねー
3キロって結構あります、凄いです!
よく頑張りました、花丸でーす!
Commented by fastfoward.koga at 2012-02-01 22:39
jinsei-rararaさん、こんばんは。
そう! 2月はいつもより1日多いんですよね・・・。
それが嬉しいんだか、嬉しくないんだか(笑)。

マラソン、3キロならなんとか走れました、という感じです。
1キロ過ぎてから折り返しまでの500メートルが長いこと長いこと!
応援に来ていた友人たちがまさかそんなに早く帰ってくるとは思わずコーヒーを飲んでいて、わたしと恩師のゴールに立ち会えなかったのは笑い話ですが。