言霊の幸わう国

曇りのち晴れのはずが意外に雨 ―20年

 旅に出ないと、もうあかん、死んでしまうと叫んだのは卒業式のあと。
 口に出すとその言葉は深みを増し、今すぐどうにかしなければとその日のうちにホテルと高速バスの予約をした。
 こういうとき、行き先は迷わない。
 条件を入力して検索ボタンを押したときのように、今回も目の前に行き先はふわっと現れた。

 期限は2日間。
 その限られた時間はできるだけ旅先で過ごしたいから、青春18きっぷは使わない。
 でも電車には少し乗りたい。
 そう言えば、高速バスならまだ学割が使える。
「ピピピピピ・・・。検索結果が出ました。行き先は、香川です」
 そうだ、高松とこんぴらさんに行こう。
 そう思った。

 ガイドブックを買い、香川の地理と距離感をつかんだあと、ざっくりスケジュールを立てる。
 たった2日間だ。
 できることはそう多くないけれど、目的は旅に出ること。
 旅に出たら、とにかく旅先の町をひたすら歩き、上る。
 それが、わたしのしたかったこと。

 8時前に京都駅を出発する高速バスに乗り、1週間の疲れをまだひきずっているせいで高速道路に入ったらすぐに思考が緩んだ。
 でも不思議なことに眠りはしない。
 そのぼやんとした頭で、以前香川に行ったときのことを思い出していた。

 前回は、2009年の春。徳島から高知、愛媛と順に巡り、最後に香川に立ち寄った。
 そのときは、さらりと駆け抜けた程度だ。
 高松駅からやはり高速バスに乗ったとき、今度はゆっくり、もう1度改めてこようと思った。
 そしてその前は、18歳のとき。
 くしくも、今回、前回と同じ3月。
 友人5人と松山からこんぴらさんを経由し、高松へ移動する、卒業旅行だった。

 わたしの卒業旅行は、高松とこんぴらさんと決まっているのだろか。
 そして香川は、3月に行きたく場所なのだろうか。
 そう思ったら、笑みが漏れた。

 20年前の記憶。
 今回はずっとその抽斗を開け閉めしていた。
 記憶をめぐる旅。
 それこそが、わたしらしい。

c0047602_2325499.jpg
[PR]
by fastfoward.koga | 2012-03-31 23:25 | 旅行けば | Comments(0)