言霊の幸わう国

コール ミー

 講習会は今日で終わり、今はF夫妻の新居におじゃましている。
 F夫妻にはわたしが「うちの子」と呼ぶくらい愛してやまない、1歳8ヶ月になる男の子がいる。
 彼は、今日初めてわたしの名前を呼んでくれた。
 発音ははっきりしないけれど、ちゃんとわたしの顔を見て呼んでくれた。
 とってもうれしかった。

 面と向かって人と話すときも、名前を呼ばずにすませることはできる。
 でも、誰でもそうだと思うけれど、名前を呼ばれると相手に対して親しみがわく。
 だから自分も親しくなりたいと思う人には、名前を呼びかけるようにしている。

 それは、まるで魔法のようだ。
 名前は呼ばれれば呼ばれるほど、うれしい。
 呼ばれて喜ぶわたしは、しっぽがあったならちぎれんばかりに振っているんだろうと自分で想像してこっそり笑う。

 呼んでみましょう。
 気になる人や、近づきたいと思っている人や、いつもそばにいて名前を呼ばなくてもいいようになっている人も、名前を呼んでみましょう。
 今日、みなさんは誰の名前を呼びましたか?
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-05-20 22:46 | 往復書簡