言霊の幸わう国

明日は起きられる、心配ないよ

 今日会社の子が手作りのチョコをくれた。
 甘くておいしくて、幸せなきもちになった。
 今わたしの手元にあるチョコも、誰かをそんなきもちにしてくれたらいいなと思った。

 バレンタインというと、思い出すことがある。

 12年前、友人Nくんはバレンタインに失恋した。
 失恋して、1回うちに帰ると見せかけてビールを買って友人Tくんの部屋に押しかけ、その後酔っ払って、飲み会中のわたしのところに電話をかけてきた。
 地下にあったお店にいたせいで電波の状態も悪く、酔っ払ったふたりが入れ替わり立ち替わり電話口に出るものだから、なにを言っているのか大半わからなかった。
 でも言葉の端々を繋ぎあわせて、彼が失恋したことを知った。
 その夜、なんとかうちに辿りついたNくんは、自分のホームページの掲示板にこう書いた。

「全世界の恋人達に幸せにと願う
2001年のバレンタインデーでした。
明日、起きれるか心配です。」

 恋人達じゃないけれど、彼がまだ願ってくれているなら、空の上から魔法でもかけてくれないかな。
 あぁ、ちょっと弱気。
[PR]
by fastfoward.koga | 2013-02-14 22:49 | 一日一言 | Comments(2)
Commented by douxair at 2013-02-18 06:26 x
その翌日かなぁ、Nくんが課長さんに「イケちゃんはチョコもらったん?いいなぁ~」って羨ましがったんだって。たぶん、王将か回転寿司やでね。
Commented by fastfoward.koga at 2013-02-18 20:57
douxairさん、こんばんは。
課長さんとゴハンに行ったのは、翌日やったね。
回転寿司やったような気がするなあ。

とそこで、古いメールを保存していたことを思い出しました。
確かに、最後にNくんからもらったメールには「さっきまで池チャンとご飯に行ってました。普段と変わらない普通の会話をしながら、、、。」と書いてました。
なんでやろ。このメールのことすっかり忘れてた。
泣けたわ。