言霊の幸わう国

迷子

 人をすきになることも、続けているとふと疑問がわく。
 すきだというきもちの周りにあるのは、相手への思いなのか、自分のエゴなのか。
 考え続けていると不毛なので、ほとほどにしたいと思いつつ、わーんと大泣きしたくなるのも正直なところ。

「誰かわたしのことすきになってくんないかなー」と思ったりするけれど、「誰か」は決して文字どおりの「誰か」ではなく、自分がすきになる「誰か」でしかありえない。
 
 切なさから生まれる言葉は、これまでになかった言葉になるかもしれない。
 それを逃さぬようにと思う反面、自分はそのために恋をしているのではないとも思う。 



 できることなら、わたしも遠くまで旅する恋人(思う人)のあふれる幸せを願いたい。
 でも願うにはエネルギーが足りなさすぎて、それもまた涙をさそう。
 エネルギーはうれしさや楽しさから生まれるのに、すきな人がいない世界など嬉しくも楽しくもない。
 どこからどうやって力を捻出すればよいのやら。

 月曜から、途方に暮れる。
[PR]
by fastfoward.koga | 2013-06-03 22:58 | 一日一言