言霊の幸わう国

変身なんてしないけど

 卒業研究の作品を久しぶりに読み返した。
 感想は、なんて稚拙な文章なのか。
 発想が小学生みたいで、言葉はこびにあせりがみえ、表現に広がりがない。
 
 書くものも書く人間も未熟なまま。
 それでも新しい1年はやってきて、わたしは、もうすぐ不惑になる。
 ほんとうはいつまでも惑わされていたいのだけど。

 まだまだ大人への階段は続き、踊り場にすら辿りつかない。
 それはそれで胸は躍る。
[PR]
by fastfoward.koga | 2013-07-01 23:05 | 一日一言 | Comments(0)