言霊の幸わう国

逃すなうつつ

 目が回る。
 あれもこれも片づかない。

 それでも隙間隙間に、すきな人のことを思い浮かべる。
 たとえ、恋愛対象にすら思われてなくても、あー、こんな姿は見せたくない。
 鏡を見て、そこにいる気の抜けすぎている自分に肩を落とす。

 仕事に夢中で、いや必死で恋がおろそかになるとは。
 若けれりゃそれでいいけれど、今はそれじゃあ女がすたる。

 まだ、もう少し、恋にうつつを抜かしていたい。
[PR]
by fastfoward.koga | 2013-09-03 21:28 | 一日一言 | Comments(0)