言霊の幸わう国

裸足の夏

 裸足でペタペタ歩くのが、きもちいい季節になってきた。
 電車に乗っていても、靴を履いているのときにはしないのに、裸足にサンダルだとすわったまま膝を伸ばして爪先を見ることが増える。
 なぜだかわからないけれど、自分の足の指を見るのがすきなのだ。

 わたしが通っていた小学校は、(確か)4月から11月まで校内を裸足で過ごすことが決められていた。
 通学はゴム草履で、学校に着いたら裸足になるのだ。
「三つ子の魂百まで」ではないけれど、そのときに裸足に慣れたせいか、夏に足が締め付けられるのは我慢ができない。 
 暑さに耐えられないのはもちろん、足元が苦しい~とむずむずしてしまうのだ。

 うちの中を裸足で歩いてひんやりしたところを踏むと、ふと小学校の廊下を足の裏から思い出す。
 プールに足だけを浸したときのあのぞわ~っとする感覚もすき。海で波が足元から砂をすくっていくくすぐったさも、そう。
 足先だけで冷たさを感じると、体の中のなにかが足先からほぐれてとけていくような気がするのだ。
 言うなれば、夏特有の開放感。
 わたしは半袖よりもサンダルの方が、ああ夏だなと感じる。

 足の裏で懐かしい記憶を呼び起こして、足先から自分を解放する。
 夏が、やってきたぞ。

c0047602_021369.jpg
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-06-17 23:59 | 一日一言