言霊の幸わう国

特効薬は時間

 朝からスライサーで掌を傷つけた。
 前日、紙で中指と小指を切った。
 なぜか全部右手で、水に触れるたびにぴりぴり、じんじんするのを1日中感じていた。
 不思議と、痛みを感じるたびに、自分の中の自分に戻ってゆく気がした。

 先週、「ゴハンを食べに行きませんか」と書いてぽちっとなと送信ボタンを押した。
 返事は、1時間ほどしたらやってきた。
 誘いはジャブ程度のつもりだったのが、今夜はどうだ、ああだこうだとやりとりをして、結局待ち合わせが遅くなってしまうからもう少し早い時間で行ける日にと仕切り直すことになった。
 都合のいい日を教えて、と言って1週間。
 突如今日はどうですかと過去言われたこともあり、木曜日と金曜日は一応そわそわしてみたけれど、連絡はなかった。

 夜になっても、傷口はひりひりしている。
 赤く腫れたその場所は、唇と寄せると熱を帯びていた。
 右手に意識を凝縮させながら、こんなことじゃもうわたしはくじけないしへこたれないのだよ、と声に出して言ってみる。
 わたしがこうしている間、彼が連絡しなきゃな、めんどくさいなと思っていればいい。
 そうやって、わたしのことを何度でも思い出していればいいのだ。

 なにごともあわてず、あせらず。 
[PR]
by fastfoward.koga | 2014-01-18 00:16 | 一日一言 | Comments(0)