言霊の幸わう国

会いたい

 毎週毎週、やっと木曜日、やっと金曜日と過ごしてきたのに、振り返ってみると6月はあっという間だった。
 まわりの人に見守られ、労われ、励まされ。
 それがわかっていたから、頼ることも甘えることも気が引けた。

 でもにっちもさっちもいかなくなって、1度だけすきな人に「がんばれって言ってくれる?」と連絡した。
 本当は電話しようかと思ったけれど、連絡しようと決めただけで堰き止めていたものが溢れはじめていたので、それはやめた。
 彼からもらった言葉は、あとから効いてきた。じわじわと。

 そのあと、しばらくコミュニケーションはとっていない。
 なんとなくまたすれ違ってしまったなあと思う。
 もうちょっとあせったほうがいいのかもしれないけれど、今はあまりにきもちも時間も余裕がなく、そこでアクションを起こすのは得策ではないという気がしている。

 何事にも多忙を言い訳にしてはならないし、毎日彼を思い出して、会いたいな、と思っている。
 でももう少し、もう少し。
 来月ひと山、いやある地点を超えたら、素直に会いたいと口に出せるような予感。
 それを信じてもうひとふんばり。
[PR]
by fastfoward.koga | 2014-06-28 21:34 | 一日一言