言霊の幸わう国

12月の巻

1 橋本治    窯変源氏物語(1)・中公文庫 ※
2 鷺沢萠    失恋・実業之日本社 ※
3 橋本治    窯変源氏物語(2)・中公文庫 ※
4 伊坂幸太郎  PK・講談社文庫


 2014年、読んだのは52冊でした。
 例年どおり目標は100冊としていましたが、もともと今年は「量より質」と考えていたので、よしとしたいと思います。
 
「量より質」はこだわり続けたテーマで、今年1年はどこの書店でも平積みされている本を安易に手に取らないようにと心に決めていました。
 そうすると、夏以降は本屋に行っても読みたくなるような本はなかなか見つけられなくなり、必然的に本は自分の本棚から選ぶしかなく、年末にはとうとう禁断の書を手にしてしまいました。
 全14巻『窯変源氏物語』です。

 大学時代に買ってから、全巻を読み返したことは未だありません。
 いつか読み返そう、と思い続けて約20年。
 第1巻を実家の本棚から取り出したときにはなんとも思いませんでしたが、読みはじめて「夕顔」のあたりで、とうとうやってしまったのだなという感慨に似た思いが湧いてきました。
 他の作品と並行し、なんとか今年中には全巻を読み終えたいなと思っています。

 そして今年は、もっと貪欲に本読みに取り組みます。
 文学、文芸に触れることを自覚しながら、2014年よりもっと丁寧な本読みをすることを、ここに宣言します!
 さあ、行こう、2015年本読みの旅。
[PR]
by fastfoward.koga | 2015-01-03 20:40 | 本の虫