言霊の幸わう国

インザシェルター

 昨日は、夕方からうだうだして21時には寝てしまった。
 最近は次の日が何時起きだろうと、日付が変わるか変わらないかくらいの時間にしか寝ていなかったので、そんな時間に寝るなんていつぶりだというくらいの早さだった。

 1日は24時間。
 どうやったって変えられないとわかっていても、今のわたしには少なすぎる。
 なにをどうやりくすればいいのか考えすぎて、パンクしそうな毎日だ。
 
 やりたいこと、やるべきこと。
 こなしてもこなしても次から次へと出てくる。
 流れてゆく車窓の景色のように。

 でも昨日は、その魔のサイクルから逃れるようにプツンとスイッチを切った。
 ブログも書かずに、外へ発信することもやめて殻に閉じこもった。
 真っ黒になった部屋が、シェルターのように自分を守っているような気がした。
 でも目覚めたら、朝はいつもの朝だった。
 時間の流れ方はちっとも変わっていない。でも、昨日がないよりいいはず。

 そういえば、昔はこんなふうになる夜がよくあったなと思い出した。
 リセットボタンだけでなく、シェルターの必要な夜。
 ひとり部屋で音楽だけを流して、じっとしている。
 周囲のいろんなものをシャットアウトするからか、音楽がじんわり染みてくる感じ。
 ぼんやりしながら集中している、ヘンな感覚。でもそれが楽だったりする。
 
 最近こもらなくなっていたけれど、久々に入りこんでみるとたまにはいいかと思えた。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-07-26 22:18 | 一日一言