言霊の幸わう国

NOW AND THEN

 昨日、くるりの「NOW AND THEN」を見てきた。
 ファーストアルバム『さよならストレーンジャー』とセカンドアルバム『図鑑』を曲順そのまま、再現するというコンセプトライブ。
 実はあんまり聴いてないんだよなあという『さよならストレンジャー』。『図鑑』まで辿りついたら、懐かしさが一気に倍増した。

 その懐かしさに浸りながら、新しいなにかを見つけようと思っていたけれど、なんにも見つからないまま4月も半ばかと、なぜかそんな思考の種が生まれた。
 ライブに集中しようと思ったけれど、抗うこともしないでそのまま思考が流れるままでいたら、自分のすきなものが次々頭に浮かんできた。
 新しいものは手にしていなくても、あれもこれもあるんだと思えた。

 くるりは、いつも愛しさをくれる。
 幸せ。
[PR]
by fastfoward.koga | 2015-04-19 22:38 | 一日一言 | Comments(0)