言霊の幸わう国

会ってしまった・・・

 その存在には気づいていた。
 でも、ずっと会うことができなかった。
 目の端で姿をとらえたような気がしていても、振り返るとそこには誰もいなかった。
 そんなことを何度かくり返し、夏本番になってやっと彼と会った。

 彼は黒くてピカピカしていた。
 どう見ても、大人だった。
 会った瞬間は、思わず息を飲んだ。
 彼の名は、ゴキブリ。
 風呂場で出会ったときは、身動きがとれず固まってしまった。

 ああ、会いたくなかったのに・・・。 
 どうしてあんなにあの黒光りする姿は、人を恐怖に陥れるのだろう?
 あの姿で飛ばれた日には、もう卒倒しそうだ。
 地球が滅亡しても生き残っていると言われても、納得できる。

 わたしは今年やたらと虫に出くわす回数が多いのだけれど、みなさんはどう?
 虫は苦手? 平気?
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-08-05 22:46 | 往復書簡