言霊の幸わう国

枕もとに

 いつのころからか、大切なものを枕もとにおいて眠るようになった。
 ほしくてやっと手に入れたものや、驚きとともに贈られたプレゼント。
 うれしい一言が書かれていた手紙、なんてものもあった。

 そういったものには手にしたときにうれしさやたのしさが、もちろんくっついてくる。
 そのきもちが朝起きると薄れてしまわないように、夢にも連れていけるように、そんなきもちで枕もとにそっとしのばせていたのだ。

 アクセサリーを買ったりもらったりしたときには、ちょっと大人になったような気がして、誇らしくて、身につけたまま眠ったこともある。

 最近は、あのころのように思い入れのあるものがなくなったのか、それともわたしのものへの情熱が薄れているのか、そこまですることがない。
 ずっと枕もとの定番は、読みかけの本が数冊と肌ざわりのいい小さいぬいぐるみだ。
 そろそろ、新しいなにかがほしい。
 次にどんなものが枕もとにやってくるかを、すごく楽しみにしている。

 我が家のサンタクロースは、靴下をぶらさげていないわたしのためにいつも枕もとにプレゼントを置いて帰っていった。
 ぐっすり眠って朝起きたときにプレゼントが枕もとにあるのは、すごくうれしかった。
 わたしが枕もとに大切なものをしのばせるのは、あのときのきもちがどこかに残っていたからなのかな。
 だったら、わたしもいつか誰かの枕もとにプレゼントをしのばせよう。
 喜んでもらえるといいな。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-08-07 22:59 | 一日一言 | Comments(8)
Commented by skasset at 2005-08-08 01:03
相手の喜ぶ顔を思い浮かべて、プレゼント選ぶのに悩ンでる時って結構楽しいです〜♪
Commented by asntbs at 2005-08-08 08:31
確かに、小さなころ
朝起きてプレゼントが枕元に置いてあった時の嬉しさは、
なんとも言えないワクワク感に包まれていたことを思い出しました。
久しくあんな経験はしてないなぁ・・

きっと、その誰かさんは喜んでくれますよ*
中身が何であれ、枕元に置いてあるということで、きっとワクワク倍増です*
Commented by papas8559 at 2005-08-08 11:10
あっ、私の枕の横には、
カーバーをはずした本が無造作に・・・・。笑
Commented by goggo911 at 2005-08-08 14:40 x
私にはいつも汗をかいたごっごがいまーす。
ホント暑い。
でも幸せ~。
Commented by fastfoward.koga at 2005-08-09 00:59
skassetさん、確かにすきな人に贈るプレゼントには力が入りますよね。
かつて、わたしは彼氏の誕生日の数ヶ月前から女友達に彼氏にあげたプレゼントはなに? とリサーチしたことがありました。
考えるのも楽しいし、考えた分喜んでもらえるとまたうれしいんですよね。
Commented by fastfoward.koga at 2005-08-09 01:01
asntbsさん、こんばんは。
枕もとのプレゼントは、気がつくと子供の特権になってるんですよね。
でも大人でもきっとうれしいものだと思うので、「誰か」ができたらやってみます。
まずは誰かを探しにいかなくっちゃ(笑)。
Commented by fastfoward.koga at 2005-08-09 01:03
papasさん、カバーをはずした本だけではなく、枕もとに大切なものをおいてみてください。
もしかしたら、いつもと違う眠りにつけるかもしれませんよ。
Commented by fastfoward.koga at 2005-08-09 01:04
goggoさんへ。
それまたうらやましい。
のろけられて、いやんなっちゃう。
「うちの子」に会いたいです。
今日も飲みながら、ともだちにゴッゴの話たくさんしてました。