言霊の幸わう国

ぶきっちょ

 わたしは、器用そうに見られる。
 以前ブログでも「手先は不器用ではないと思う」と書いた。
 が、訂正しよう。
 わたしはぶきっちょだ。
 しかも、かなりのぶきっちょだ。

 今日は、この間の誕生日にもらったばかりのビーズのブレスレットのワイヤーが切れてしまったので、補修作業をしていた。
 ビーズなんて根気のいるものにまず手を出さないわたしは、以前からビーズをしていたH嬢に助けを求めた。

 まずは自分でやった方がいいだろうと解説を聞きながらやりはじめたものの、すぐにいやになった。
 指も手も、わたしの言うことを利かないのだ!!
 なにをどう動かしているのか、しばらくすると左手の親指の付け根と腕の筋が痛くなってしまった。
 
 ふたりで、そのこまかな作業にキーっと叫んでは深呼吸をするをくり返しながら、頭をくっつけ作業すること1時半。
 やっと補修できたときには、やれやれといった感じだった。

 うちのチチは手先が器用なので、小さいころは大人になればそれくらい誰でもできるものだと思っていた。
 わたしは、なんて勘違いをしていたのだろう。
 いらち(関西弁でせっかちの意味)のわたしが手先を器用に使ってなにかするなんて、無理に決まってる~。

 みなさんは、手先は器用ですか?
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-08-19 19:45 | 往復書簡