言霊の幸わう国

 今日は、昼からの出勤だった。
 そういう日は、いつも電車でブログになにを書こうかと考えながら帰ってくる。
 今日も読んでいた本から目を上げて同じように考えていたけれど、キーワードになる言葉はいくつも頭に浮かんだものの、書き出しても形にならないような気がしてしまった。
 うちに帰ってきてパソコンに向かっても、やっぱり言葉はうまく出ず、結局パソコンの電源を落とした。

 なんとなく今日は、ぼーっとしている。
 仕事はちゃんとしたけれど、帰りの電車で早々に電源オフのスイッチが入ってしまったかのようだ。
 パソコンの電源を落としたあともなかなか体が動かず、しばらくベッドの上で天井あたりを見てぼんやりしていた。
 なにを考えるわけでもない。
 ただ一点を見つめて、時間を過ごしただけ。

 顔を洗いながら、さっきと同じようにぼんやり鏡に映る自分の顔を見ていたら、自分はぬけがらみたいだなと思った。
 わたしはこんな顔をしてたんだ~、なんてしょうもないことも思った。
 ただ淡々と顔を洗っていたら、ふと今の自分は無の状態に近いなと気がついた。

 音楽も聴かず、テレビもつけず、パソコンの電源も落として、部屋の中でぼんやりする。
 頭の中にも特に考え事のテーマがあるわけではない。 
 ただ、そこにいるだけ。
 物のような自分。

 それをふと、自分の目線とは違うところから見ているような気になったとき、言葉がすらすら出てきた(ので、書いている)。

 無、になれるということは、いつものリセットボタンを押すのとは少し違うけど、また新しい明日をきもちよく迎えられるような気がする。
 なにかがなくなった分、明日はまたなにか手にすることができるはず。
 さあ、またパソコンの電源をオフにして、無に戻るとするか。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-08-26 00:55 | 一日一言 | Comments(8)
Commented by papas8559 at 2005-08-26 11:22
難しいテーマだなぁ。笑。
でも、きっと、今日は今日で違うんですよね^^
Commented by fastfoward.koga at 2005-08-26 11:49
papasさん、こんにちは。
特に難しいテーマではないんです。単に、わたしの電池が切れてぼんやりしたということなんです・・・。
相変わらず、簡単なことを難しく書きすぎですね。
すんません(笑)。

ということで、もちろん今日は昨日と違ってます。
Commented by caosoi at 2005-08-26 17:40 x
今日は無心に手紙を読んできました。京都国立博物館で
「龍馬が翔けた時代」てのをやってて。龍馬の手紙も60通程あって。
「手紙は滅びゆくアートだ」 これは最近見た舞台での台詞。今日見た手紙は滅びる前のもの!人となりがわかるような、自慢げな文がほほえましいような。興味深い手紙を 「無」の境地で見てきたって話。無理ありすぎ?
Commented by skasset at 2005-08-26 21:57
集中して空っぽになれるのは、ヨガの効果。かな?
敬愛する為末選手のブログでもスタート前はそんなカンジだそうです。
Commented by fastfoward.koga at 2005-08-26 23:52
caosoiさん、無で手紙を読み続けたあなたの姿が目に浮かぶようです。
「手紙は滅びゆくアート」というのは、いい言葉ですね。
今のうちに、もっとたくさんの手紙を残したいと思いました。
わたしの手紙、残しておいてね。
わたしもあなたの手紙、残しているから。
Commented by fastfoward.koga at 2005-08-26 23:55
skassetさん、こんばんは~。
確かに、ヨガは数回しか行ってませんが、集中するということが体感できるようになりました。
まだまだ集中できる時間が短いですけど(笑)。
為末さんの話、わたしもテレビで見て知ってます!
実は、無になったとき彼のことを思い出してました。
Commented by kabashun at 2005-08-27 00:01
ひとりでボーッとする時間、とっても必要ですよねー。
ボクはその時間を今、とっても欲してますよー。
子どもが寝てからボーッと天井眺めたら、一瞬で寝ちゃいます(笑)
Commented by fastfoward.koga at 2005-08-27 00:31
kabashunさん、ちょっとお疲れモードですか(笑)?
あのかわいいお子さまと一緒なら! なんて思いましたが、お父さんもたまにはひとりでぼーっとしたいんですね。
わたしはkabashunさんと違ってひとりの時間が結構あるんですが、いろいろ考えちゃってぼーっとすること少ないんですよね。
よっぽど疲れてて、思考回路が止まるときくらいです、ぼーっとするの。