言霊の幸わう国

遠足の前日

 仕事でも、プライベートでも、わたしは効率化や段取りのよさを求めてしまう。
 スムーズに事が運べることが、すきなのだ。

 たとえば、どこかへ旅をするとなるとそのこだわりは最高潮を極める(貧乏旅行をしようと考えているとなおさらだ)。
 インターネットやガイドブックを駆使して、いかに無駄なくもれなく旅を楽しめるかを必死になって考える。

 わたしにとって旅の計画を立てることは、旅をしている肯定と同じくらい楽しいのだ。
 ときには計画を立てるのに力を使い果たし、当日少々ぐったりなんてこともなきにしもあらず。
 悪い癖だとは思うものの、残念ながらこれはなかなか直るものではない。

 もうちょっと、前日までに感じるわくわくをうまく抑えたい。
 でもそれを抑えようとすると、きもちの抑揚がゼロになってしまう。
 わたしは極端にところがあってなので、ちょっとだけきもちを抑えるということができないのだ。
 我ながら、扱いにくい性格でまいってしまう。

 大人になっても、遠足の前日のわくわくで困ることになるとは思ってもいなかった。
 子供のころのほうが、かえってうまくきもちを表現してコントロールできていたかもしれない。
 あ~、やんなっちゃう。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-08-27 12:33 | 一日一言