言霊の幸わう国

偉大な背中

 身内に不幸があった。
 そのことを知らせる電話が、今朝、5時半に鳴った。
 ちょうど仕事へ出かけるチチを、そんな出来事とともにハハと見送った。
 行動を起こすまでにはまだ時間があるので眠ればよかったのだけれど、次々かかってくる電話のベルで眠れないかなと、しばらく受話器を握るハハのそばでぼんやりとすわっていた。
 電話の合間にハハとぽつりぽつりと言葉ををかわしていると、10数年前に亡くなった祖父の告別式のときの話になった。

 あのとき、わたしはまだ大学生だった。
 祖父は何度も危篤状態から持ち直し、また危篤になり、をくり返していた。
 ハハは仕事をしていて、2度目の峠を越えたときこう言った。
「もうわたしはいいわ・・・。」

 ハハは、もう祖父の死に目に会えなくてもいいと言ったのだ。
 そのとき、わたしは仕事をするということの責任の重さを感じた。
 働くということはこういうことなのだな、とハハの姿を見て思ったのだ。

 わたしは果たして、ハハのような覚悟で仕事をしているだろうか?
 同じような状況になったとき、わたしならどうするだろう?
 そんなことを、目が覚めていない頭で考えた。

 ほんとうに、誰よりもパワーに溢れた頼りがいのある背中。
 男性がよく父親を超えたいと言うけれど、わたしはいつか超えられなくとも、ハハの背中に近づける日はくるかな。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-09-14 00:26 | 一日一言 | Comments(6)
Commented by skasset at 2005-09-14 17:45
ステキなヒトの親御さんは、例外なくステキです。
この親にしてこの子あり、と妙に納得することがよくあります。
Commented by fastfoward.koga at 2005-09-14 21:12
skassetさん、こんばんは。
この親にしてこの子あり、と学生のときからよく先生に言われたんですけどね、残念ながらハハのすばらしい部分ではないところを指して言われてたんです、わたし。
まだまだ精進せねば、わたしはステキな人にはなれませんね~。
Commented by papas8559 at 2005-09-14 21:46
「もうわたしはいいわ・・・」って、ハハの言葉には、
いろんな意味が込められてるんでしょうね。
fastさんにも、祖父にも、
自分自身に言いきかす意味もあるんでしょうね・・・・。
偉大ですね。そしてデカイですね。
Commented by ainekun at 2005-09-15 01:19
素敵な家族ですね。
一番身近なひとに、いろいろ影響され、
また、思いを返し。。。。。
Commented by fastfoward.koga at 2005-09-15 19:59
papasさん、こんばんは。
うちのハハは存在としては、デカイですよ~、ほんと。
似てる部分と似てない部分と、見ているといつも考えさせられます・・・。
Commented by fastfoward.koga at 2005-09-15 20:02
ainekunさんへ
やっぱり人が大勢集まるところでは、ハハの動きは見てますね。
どういうことをどういうときにしなくちゃいけないのか、またそれがどうしてなのか、わからないことはあとで聞いたりします。
でも、全部頭の中に入るわけじゃないですしね。
尊敬する、というとうさんくさいので言いませんが、ハハから受ける影響力は大です。