言霊の幸わう国

み~つけた!

c0047602_0442479.jpg
 小さいころ、うちの中でかくれんぼをしたことがあった。
 うちの中なので、隠れる場所なんてしれている。
 でも何度かうまく隠れて見つからずに、オニが降参したことがあった。
 そのとき隠れていたのは、備え付けのタンスの奥(奥が段落ちになっていたのだ)と押入れのふとんの間。
 オニはすぐ近くまで手を伸ばしたけれど、わたしのところまで届かなかったので去っていった。

 今わたしは、長い長いかくれんぼの最中。
 オニのような顔をして探しているふりをしながら、実は隠れているのかもしれない。
 今でもじっと押入れの奥で、見つかりたくないような見つけてほしいような、複雑なきもちで待っている。
 たぶんわたしは、もう降参だ! と誰かに言ってもらいたくて仕方ないのだ。

 でもちょっと疲れた。
 ふとんの間で、うとうとしそうだ。
 隠れるなら、もう少しわかりやすいところに隠れないとオニには見つけてもらえそうにない。
 かくれんぼは見つけてもらえるから、楽しいものなのに。
 息を潜めて、うまく隠れて、わたしは一体なにをしようとしているのか?
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-09-18 00:45 | 一日一言