言霊の幸わう国

プライベート図書館 構想計画

 またやってしまった。
 カバンに入れていた本を読み終えていたので出勤前にあわてて本屋に寄ったら、すでにもっている本を買ってしまった。

 年に1回か2回はやってしまう。
 読み始めてから、あれ? おかしいなと気づくのだ。
 読んでいるのに読んでいないと買ってしまうのは、たいがい短編集。
 長編はさすがにストーリーが記憶に残っているけれど、短編集の場合はタイトルになっている作品を覚えていないと読んでいないような気になるのだ。

 そのときそのときちゃんと言葉を頭に入れて読んでいるのに、なぜこんなことが起こるのか?
 きっと読み終えた本を整理整頓していないからだろうなと思う。
 ほんとうなら背表紙や装丁で読んだかどうかを判断できるのに、今は本棚の隙間に埋めるように積み重ねているからわからなくなるのだ。

 やっぱり、プライベート図書館がいるな。
 壁一面の本棚に、背表紙がびしっと揃って並べられている部屋。
 いいな、そんな部屋がやっぱりほしいな。
 重い腰を上げて、真剣に考えるか。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-09-27 23:55 | 一日一言 | Comments(6)
Commented by skasset at 2005-09-28 00:05
図書館を創設したら、優秀な司書も要りますね(笑)
Commented by ainekun at 2005-09-28 00:41
図書館とまでは言いませんが、、、
図書室欲しいなと思います。
ちょっと湿気た本のにおいのする
し〜んとした部屋があるといいでしょうにね。
本って気がつくと増殖しているので。。。。。
Commented by asntbs at 2005-09-28 10:15
ほんとに本がお好きなんですね。
壁一面の本棚に、背表紙がびしっと揃って並べられている部屋。
なんだか、とーってもカッコいいです。いいなぁ・・
司馬遼太郎記念館みたいな空間、素敵ですよね。ほんと。
Commented by fastfoward.koga at 2005-09-28 10:16
skassetさん、おはようございます。
ほんとに優秀な司書もほしいところです。
じゃ、我こそは! という人はぜひご応募お待ちしております(笑)。
Commented by fastfoward.koga at 2005-09-28 10:18
ainekunさん、確かに図書館なんて大それてますね。
訂正します。図書室ですわ。
わたしも大学時代の図書館が大すきで、よくひまがあれば行って寝てました(笑)。
湿気のにおいとあの静けさは未だにあこがれます。
そんな図書室ができればですが、ぜひおいでくださいませ。
Commented by fastfoward.koga at 2005-09-28 10:24
asntbsさん、リアルタイムですね!
わたしは借りて本を読むことができないので、どうしても増えていってしまうんですよね~。
よく友人にも本を貸してと言われますが、なかなか自分で選んでもらうことができないので、目指せ司馬遼太郎記念館! のきもちでがんばります(笑)。