言霊の幸わう国

心を開く

 昨日の夜、寝る前に「The Book of Answer」を開いた。
 きもちは決まっていたけれど、ある迷い事にもうひといき背中を押してくれるものがほしかった。
 開いたページに書かれていた言葉はこう。

  「あなたに示されるものに 心を開きなさい」

 ダンテの「神曲」の言葉だ。
 言葉の意味を取り違えないように、しっかりと辞書をひいた。

 そう。
 いつもここに書き記しているように、プライドを振りかざしている場合ではない。
 まずは自分の目の前に差し出されたものに、飛び込んでみよう。

 関係ないけれど、ちょうど辞書をひこうと開いたページに自分の名前があった。
 その意味に恥じぬよう、たまには優雅にふるまってみましょうか。
 まだ予感のしっぽはつかんでいるはず。
 逃がさないようにしなくっちゃ!
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-10-10 00:29 | 一日一言