言霊の幸わう国

おすすめします 番外編

c0047602_2141078.jpg

 安曇野にある「ちひろ美術館」に行ってきた。
 今回で2度目だけれど、やっぱりあの美術館の雰囲気はきもちが安らぐ。
 かなり長い時間、そんな空気の中で過ごした。

 そこにはいわさきちひろの作品だけでなく、アンデルセンやグリム童話、その他さまざまな絵本が置いてあり、自由に読めるようになっているスペースがある。
 そのスペースで、N嬢とふたり小さないすに腰掛けて絵本を読みふけった。

 なつかしい絵にお話。
 読み出すとおかしさがこみあげるくらい楽しくて、止まらなくなった。
 わくわくして何十年ぶりかに広げたのは、「だるまちゃんシリーズ」「ぐりとぐら」
 声に出して読むと、これがまたもっとわくわくした。
 そんなふうに懐かしさでめいいっぱい楽しんでしまったので、読んだことのない絵本も読めばよかったなとあとで思った。

 大人になると手にしなくなるもの。
 せっかくいろんなことを思い出したので、時間を見つけて絵本を読んでみようと思う。

 みなさんは小さいころ、どんな絵本を読みました?
 思い出せなかったら、ぜひ本屋さんへ。
 いつもは足を踏み入れないスペースに行ってみよう!
 そこでわくわくする出会いがあれば、ぜひ教えてくださいな。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-10-12 21:26 | 本の虫 | Comments(6)
Commented by ainekun at 2005-10-12 23:20
お帰りなさい♡
楽しい旅行だったみたいですね^^
絵本、大好きです。
近くに、椅子が多くおいてある
本屋があるので、よくでかけます。
そして、子供の本のコーナーに行って、
子供用の小さな椅子をぶんどって!?
座り読みすることがあります。。。
Commented by goggo911 at 2005-10-13 15:47 x
わたしも最近ごっごのおかげで絵本をよく手にします。
そこで思ったのは外国の絵本はとてもポジティブな内容が多いことです。
日本の昔話は闘ったりやっつけたり、化けたり、英雄者だったり、
ごっごに上手く説明できなくて全然読んでません。
子供は素直に受け入れる分、言葉ってとっても大切で
今はいい意味での「あいまい」がごっごの受け皿にないからとても慎重に選びます。
ごっごの今好きなのは
バスの運転手が最初の駅から終着駅まで進み
いろんな客を乗せ、いろんな景色、道を進むというピンポンバスという絵本です。
大人がこれがいいかなと思う絵本はたいてい読まずに、
ごっごが自分で持ってきた???というような本は、やはりいつまでも読むもんです。
選ぶのってやっぱり大変な作業ですね。
お友達に「子供は図書館で借りるのもいいけれどマイブックというのが必要なんだよ」といわれて、ごっごはピンポンバスなのです。
ちなみに私は「わたしのワンピース」でした。

Commented by fastfoward.koga at 2005-10-13 22:14
ainekunさん、ただいま!
今回の旅では、絵本以外にも幼いころに親しんでいたものに久々に触れることのできて楽しめました。
ainekunさんは、どんな絵本がすきですか?
また教えてくださいね。
Commented by fastfoward.koga at 2005-10-13 22:18
goggoさん、こんばんは。
絵本を見ながら、ゴッゴのことを思い出してました。
できるだけたくさんの絵本を読んで、すきなものいいもの心に響くものを自分で選ぶ力をもってほしいなと思います。
でも確かに、借りるのもいいけど自分のものにするっていうのも大切だよね。
ゴッゴに伝えておいてください。ごだたんが絵本は買ったげるからね! って。
教えてもらった「わたしのワンピース」は、今度探してみます。ありがと。
Commented by skasset at 2005-10-13 22:44
おかえりなさい。
知らない街の美術館に脚をのばすのは楽しいですよね。
週末に遠出したくなりました
Commented by fastfoward.koga at 2005-10-13 23:06
skassetさん、ただいま。
なかなか京都では美術館にでかけることもないので、芸術の秋だから! といくつかの美術館や博物館を見てまわりましたが、新鮮なものがたくさん見られました。
ぜひ、skassetさんも秋の旅を楽しんでください。