言霊の幸わう国

ジャンパー

 部屋が散らかっている。
 よくない。よくない兆候だ。
 今日は、洋服を脱ぎ散らかして仕事に行った。
 もちろん部屋はそのままなので、帰ってきてちょっとうんざり。

 さっきから、ブログも書いては消し。書いては消し。
 そのくり返し。
 やめればいいのに、と自分でも思う。
 でも、やめない。
 そこにハードルが見えるから。

 知らず知らずのうちに、自分が決めた役割を果たそうとやっきになっている。
 誰も強制していないのに、なににこだわっているのか。
 自分でも笑える。
 肩に力が入りすぎだな~。
 深呼吸しなくては。また呼吸が浅くなっている。
 こんな呼吸じゃ、ハードルは越えられない。

 いや、わたしが越えたいのはハードルじゃないかも。
 もっと高いバーだ。
 それも、誰も求めてないない、わたしが自分で設定した高さ。
 それならやっぱり、越えたい。
 つまらないこだわりやプライドでも、くさくさしたままやり過ごすよりちゃんと跳んでみよう。
 跳ばない自分じゃ、おもしろくない。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-10-27 01:32 | 一日一言 | Comments(2)
Commented by BoneWhite at 2005-10-27 20:02
それは…棒高跳びですね。それは跳んだ方がきっとおもしろいです!
高さを決めるのも自分しかいないところが大人って独りで厳しいです。
私もこだわり過ぎて独りなりがちですが!絶対そのほうが私は良くなると
信じてやってくのです。そうしたら何だか独りじゃなくなる気もします。
毎日そう自分に言い聞かせる日々ですわ。
Commented by fastfoward.koga at 2005-10-27 20:37
Boneさん、こんばんは。
温かい励ましのお言葉に聞こえました。
なんでしょうね。自分でもかなりやっかいな性格だと思います。
でも、そういうやり方しかできないんですよね。
Boneさん、やっかりでも自分がおもしろいと思えることを、一緒にがんばりましょう!