言霊の幸わう国

山のある景色

 わたしは山のある景色がすきだ。

 京都は三方を山に囲まれている。
 少し見晴らしのいいところに出ると、山は当たり前のようにどこにでもある。
 そんな景色を見て育ってきたので、山の見えないところに行って帰ってくるといつもの当たり前の景色に安心する。

 山の景色は、必ず季節の移り変わりを教えてくれる。
 昨日、いつものように原付で駅まで向かっているときに、少し目線を上げたら目に映る山がすっかり冬の山になっていた。
 そういえば、空気の乾燥具合も、空も秋のそれとは違っている。

 不思議だと思う。
 別に山が紅葉したわけでも、雪が積もっているわけでもないのに、あぁ冬だなと感じた。

 これから数日間は、12月並の寒さになるという。
 思ったより早く冬がやってきている。
 もうちょっと、晩秋を楽しみたいんだけどな。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-11-17 22:28 | 一日一言 | Comments(2)
Commented by skasset at 2005-11-18 22:43
JALの機内誌に載ってたダウンジャケットが欲しいです…。
恐ろしく高いのですが(苦
Commented by fastfoward.koga at 2005-11-18 22:47
skassetさん、恐ろしく、高いのですね?
でもJALのだったら、暖かそうですね(なんのこっちゃ)。
わたしも今年のアウターはダウンにするか、ファーにするかと悩んでます。
実用性を考えると、ダウンですよね~。